子どもを狙った犯罪は無くなることはないので、未然に子ども達を犯罪から守る対策が必要です。しかし、親御さんが24時間子ども達から目を離さずにいることは、困難と言えるでしょう。キッズ携帯には親御さんの携帯電話から直ぐにGPSで子ども達の正確な位置情報を取得することが出来るので、多くの親御さん達が子供たちにキッズ携帯を持たせることが一般的となっています。子供たちは自らの身体を犯罪から守る知識がないために、子供たちには必ずGPSが内臓されているキッズ携帯を持たせることが一番効率的でしょう。

犯罪者は子ども達がキッズ携帯を持っていることが分かると気安く手を出すことが出来ません。GPSは携帯電話を使用することが出来る環境なら何処にいても子ども達の位置情報を把握することができるので、親御さんから見ても安心することが出来るでしょう。万が一犯罪に巻き込まれた場合にはGPSで位置情報を把握することが出来ることで、親御さんが警察へ通報することができ、警察と情報共有が出来ます。警察と情報共有をすることでいち早く子ども達の元へと警察官が駆けつけることが可能です。

年間に子供たちは犯罪に巻き込まれる件数は100件以上と非常に多くなっているので、いつ誰のお子さんが犯罪に巻き込まれても不思議ではありません。そのため、警視庁はキッズ携帯を持たせることを推奨しており、各携帯電話会社も簡単に使用することができるキッズ携帯を開発しています。