検索エンジンが理解しやすいSEO対策をしよう

検索エンジンは、クローラーというWEBを巡回するロボットを利用しています。クローラーは、サイトのソースを読み込んでそのうえでどういった情報が書かれているのかを判断していきます。SEO対策では、内部対策が重要であると考えられていますが、これもクローラーのこういった特徴が存在するからです。クローラーは、瞬時にサイトにどういった情報が存在するのかを読み取ってくれますが、サイト構成に不備が存在するとその情報を正しく受け取ってくれません。

サイトは、HTMLやCSSを利用して構築していくことが普通ですが、間違った構築をしてしまうと主張したい部分を主張できなくなることもあります。簡単な例であるのならば、タイトルや小見出しが挙げられます。タイトルや小見出しは、そのコンテンツがどういったテーマやキーワードで話を進めているのかを最も伝えやすい部分です。実際に、こういった主張がしやすい部分については率先してクローラーも分析してくれる傾向があります。

しかし、均一的にサイトを作ってしまうと、この部分で大事な主張ができなくなってしまいます。ですから、SEO対策ではクローラーが瞬時に判別できる部分についてはできる限りわかりやすくサイト構築をしておかなくてはいけません。簡単な方法としては、パンくずリストを作ることが挙げられます。階層を作ってそこにテーマを置いておくと、それだけでも高いSEO対策に繋がりますので非常に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です