アンカーテキストの文言はSEO対策で重要

HTMLタグの一つにA要素がありますが、A要素はSEO対策の中でも重要な要素を持ちます。A要素はリンクを張るときに使うタグで、自社サイト内のリンクや他のウェブサイトのリンクなど様々な用途で活用できます。検索エンジンでもあるクローラーはリンクを辿って巡回することからも、他のウェブサイトからのリンクはSEO対策に欠かせない存在、しかも人気があるウェブサイトからのリンクはSEO対策において大きな役割を持つといっても過言ではありません。ちなみに、他のウェブサイトから張られているリンクは被リンクと呼ぶもので、自社サイト内や他のウェブページに張るリンクとはSEO対策の中では別の意味を持ちます。

A要素にはアンカーテキストと呼ぶテキストで囲まれた部分にリンクが付けられる仕様になっているのですが、このアンカーテキストはSEO対策の中では重要なものであり、リンク先のページ評価にはどのような文言が使われてリンクが張ってあるのかといった要素が深く関わります。自社サイト内のリンクは内部リンクで、他のウェブサイトへのリンクは外部リンクと呼びます。アンカーテキストの文言は内部や外部のリンクに関係なく、リンク先になるウェブページを適切に示す文言を使った内容にすること、これがSEOの中では重要なポイントになって来るので注意が必要です。ただ、これはSEOだけでなく、アクセスして来たユーザーへの利便性も考えることも忘れないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です