レスポンシブWebデザインでSEO対策

SEO対策に強いサイトを作りたいなら、レスポンシブWebデザインにするのがおすすめです。レスポンシブWebデザインというのは、1つのHTMLを、パソコンやタブレットやスマートフォン等のそれぞれの端末ごとに適切なデザインにして表示することができるサイトのデザインの作成技術の事を言います。この技術で作られたサイトは、同じURLにアクセスしても、アクセスする端末が異なれば、デザインが異なったように見えます。このレスポンシブ技術だと、なぜSEO対策上有利になるのかと言えば、まずリンクを張ってもらう場合に統一できるという事が挙げられるでしょう。

外部からリンクを張ってもらう事は、SEO対策で非常に重要なことで、検索順位の決定にかなり大きな影響を及ぼします。パソコン用のHTMLとモバイル用のそれを別々に作成してしまうと、別物という扱いになってしまうため、外部からのリンクが分散してしまいかねません。これは非常にもったいないことで、できれば避けたいところでしょう。レスポンシブならば、作成されるサイトは1つだけなので、外部リンクを全て統一でき検索順位のアップにも役立ちます。

レスポンシブは、制作コストの削減という観点でもメリットがあります。HTMLを1つだけ作成すればいいだけなので、パソコン用とモバイル用のHTMLを別々に作成するよりも楽になります。後からの調整や修正も楽になりますし、制作費用も節約できるはずです。これから制作するなら、絶対にレスポンシブがお勧めでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です