GoogleMapsAPIsのプランと料金

GoogleMapsAPIsには誰でも簡単に利用できる無償版と社内での使用に向いている有償版の2つのプランがあります。無償版は誰でも簡単に自身のサイトやブログでGoogleMapsAPIsを利用できますが、有償版は社内向けのプランで有料となります。無償版と有償版の最も大きな違いは利用できる機能などで、地図の最大解像度や広告の有無やサポートの有無などがあります。基本的には個人のサイトやブログで利用する場合には必要最低限の機能ですが無料で利用できる無償版が最適で、社内や企業などのビジネスでの利用であれば豊富な機能が利用できる有償版が最適です。

地図の最大解像度に関しては無償版の場合だと640×640の解像度でしか利用できませんが、有償版であれば2048×2048の高解像度で地図を表示させることが可能です。有償版であれば高解像度な地図を取得できるので高解像度が必要な場合には有償版の方が最適です。有償版でしか利用できない機能としてGoogleMapsAPIsに広告が表示されない事や24時間対応の専門的なサポートが受けられる事が挙げられます。社内での利用を想定されているので広告の非表示やサポートなどの特別な機能が使用できます。

無償版だと広告が表示されたり公式からの専門的なサポートが受けられないので、より本格的にGoogleMapsAPIsを利用したい場合やビジネスでの利用の場合には無償版よりも有償版の方が最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です